プロペシアのジェネリックの需要

男性特有の深刻な悩みのひとつとして、薄毛が存在すると思います。
男性型の薄毛を近年ではAGAと呼称することも多く、その呼び名も一般的に知られるようになってきました。

AGAの原因は数多く存在し、飲酒、喫煙や食生活などの生活習慣に起因するもの、ストレスや加齢、遺伝的要因などが挙げられます。
中でもホルモンによるものは最大の原因とされているのです。

したがっていかにしてそのホルモンの作用を抑えるかという点が、現在薄毛治療の核となっているのです。
男性ホルモンの一種であるテストステロンが酵素によりAGAの原因ジヒドロテストステロンとなり、男性型の薄毛を進行させます。
この一連の働きを抑える成分がフィナステリドです。

その錠剤であるプロペシアですが、服用によって髪の毛が太くなってコシが出た、髪の毛のボリューム感が増した、と言う声もありますが、どちらかと言うと積極的に発毛させるというよりは、薄毛の進行をくい止めてくれる薬品としての性格を強く持っています。
なので積極的な発毛を実現させる成分、ミノキシジルとの併用は男性型の薄毛に非常に効果の高い組み合わせとして推奨されています。

継続していくことで徐々に効果が出始めるプロペシアですが、病院や専用のクリニックで処方されるものは高価なため、個人輸入代行サイトなどから購入可能なプロペシアジェネリック医薬品も人気を集めています。
プロペシアジェネリック薬品の中でもインドマハーラーシュトラ州、ムンバイに本社を置くジェネリック医薬品の筆頭メーカー、シプラが製造するフィンペシアは先発薬の10分の1程度と言う破格の値段で人気があります。
フィンペシアはもちろんを有効成分をフィナステリドとし、先発薬同様の効果効能が期待できます。
現在では通販サイトを利用して購入することができるようになっています。
病院で購入するより、断然通販の方がお買い得となっていますので迷っている人がいた場合には海外医薬品の通販サイトを優先してみてください。
プロペシア、フィンペシアともに、倦怠感や性欲減退、勃起不全や睾丸の違和感などがあげられていますが、これらの症状が重篤な場合は使用を中断し医師診断を仰ぐのがよいでしょう。